アミタ株式会社

ご依頼・ご相談

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

製造フロー

多様な成分・性状の産業廃棄物(発生品)をリサイクルする製造フロー

アミタの製造拠点である全国5つの「循環資源製造所」は、独自の「調合」技術 を用いて下記のフローで廃棄物から資源を製造しています。製品一覧 についてはこちら。各製造所の製造ラインについては、産廃情報ネットをご覧ください。

発生品製品名茨城川崎姫路北九州京丹後
廃油・廃酸・廃アルカリ・汚泥等
液体系産業廃棄物
スラミックス®
廃プラスチック類、ばいじん、
燃え殻等固形産業廃棄物
セメント原料・燃料
金属くず、使用済み触媒等特殊鋼原料・金属原料
産業廃棄物である食品残さ(有機物)電気・液体肥料


液状・スラリー状産業廃棄物のリサイクル製品:スラミックス®の製造フロー

ibaragi2.png himezi.png

姫路、茨城の循環資源製造所で、液体系産業廃棄物(発生品)を調合し、スラミックス®を製造しています。

odei.JPG【インプット】
様々な産業から排出される汚泥・廃油・廃酸・廃アルカリといった液体系の産業廃棄物から、スラリー状の代替燃料を製造します。

※スラリー液・・・液体と固体との混濁液(こんだくえき)、これがスラリー液です。タンクなどの底に沈んで堆積する濃厚なスラリーをスラッジあるいは汚泥と呼んで区別することもあります。



anlyticssmx.jpg【分析】
受入予定の産業廃棄物について、事前に含有成分や性状などを調べます。また、異物などが入っていないかも分析します。

【配合検討】
分析結果から受入可能と判断した産業廃棄物について、ユーザー規格に合わせた成分調整の配合表を作成します。



smxfurui.JPG【分別】
分別機や振動フルイなどを使用して、固形物や異物を分離し、液体のみを取り出します。
※固形物は、セメント原燃料などの製品に別途有効活用します。





coordination_smx.jpg【品質調整タンク】
品質調整タンクでは、配合表に基づいて様々な液体を調合します。製品ユーザーの規格に合わせて、成分値の細かな調整を行います。


【分析】
納品規格に適合した製品は、製品貯蔵タンクで最終出荷を待ちます。



smx2.jpg【アウトプット:スラミックス®】
スラミックス®として出荷され、セメントメーカーや鉄鋼メーカーなどで、石炭・重油の代替燃料として使用します。




ページの先頭へ戻る

固体・粉体産業廃棄物のリサイクル製品:セメント原燃料の製造フロー

ibaragi2.png kawasaki.png himezi.png kyuusyuu.png

茨城、川崎、姫路、北九州の循環資源製造所で、個体・粉体系の産業廃棄物を調合し、セメント原料および燃料を製造しています。

plastic.JPG【インプット】
様々な産業から排出される汚泥、廃プラスチック・ばいじん・燃え殻などの固体・粉体系の産業廃棄物から、セメント原燃料を製造します。






anlyticscrm.jpg【分析】
受入予定の産業廃棄物について、事前に含有成分や性状などを調べます。また、異物等が入っていないかも分析します。

【配合検討】
分析結果から受入可能と判断した産業廃棄物について、ユーザー規格に合わせた成分調整の配合表を作成します。


crushingcrm.JPG【破砕・粉砕】
大きなものや固いものは破砕機や粉砕機で細かくします。








coordinationcrm.JPG

【調合】
配合表に基づいて様々な産業廃棄物を調合します。製品ユーザーの規格に合わせて、成分値の細かな調整を行います。この際、フルイ機などで粒度調整も実施します。

【分析】
納品規格に適合した製品は最終出荷を待ちます。


crmlow.jpg【アウトプット:セメント原燃料】
セメント原燃料として出荷されます。カロリーの少ないものはセメント原料である粘土の代替になります。カロリーを多く含んでいるものは燃料として石炭の代替として使用された後、燃え殻はセメント原料として利用されます。

(写真はセメント原料系の製品です)

ページの先頭へ戻る

特定金属元素含有産業廃棄物のリサイクル製品:特殊鋼・金属原料の製造フロー

himezi.png kyuusyuu.png

北九州・姫路の循環資源製造所で、メッキ工場から排出される汚泥や廃触媒等、ニッケルやクロム、銅等の金属元素を多く含むものを主な原料とし、特殊鋼原料・金属原料を製造しています。

waste_cu.JPG【インプット】
メッキ工場などから排出される、ニッケル・クロム・銅などといった金属元素が含まれている廃棄物から、特殊鋼原料・金属原料を製造します。






anlyticsmrm.jpg【分析】
受入予定の産業廃棄物について、事前に含有成分や性状などを調べます。また、異物などが入っていないかも分析します。

【配合検討】
分析結果から受入可能と判断した産業廃棄物について、ユーザー規格に合わせた成分調整の配合表を作成します。


coordination_mrm.jpg【調合】
分析室から得られたデータをもとに、金属含有量の多い産業廃棄物を調合し、ユーザー規格に合わせて、成分値の細かな調整を行います。






mrmcu.jpg【アウトプット:特殊鋼原料・金属原料】
特殊鋼原料はニッケル・クロムの代替としてステンレス鋼の原料に、金属原料は銅鉱石の代替原料として、主に金属メーカーなどに出荷されます。



ページの先頭へ戻る

食品系産業廃棄物のリサイクル製品:電気・肥料製造フロー

kyoutango.png

京丹後循環資源製造所では、主に食品工場から排出される食品残さを回収し、メタン発酵技術を利用したバイオガス発電設備により電気を生産しています。また、メタン発酵後の副産物を液体肥料(液肥)として生産しています。なお、この施設で実施される処理は「メタン発酵・堆肥化」で、食品リサイクル法における「再生利用」として認められます。以下は、京丹後循環資源製造所の製造フローです。

foodwaste.JPG【インプット】
主に食品工場などから排出される、廃棄飲料・おからなどの食品残さ(生ごみ)を受け入れ、電気・肥料として再生します。
※一部京丹後市の生ごみ(一般廃棄物)も受け入れています。





anlyticsfrm.jpg【分析】
受入予定の産業廃棄物について、事前に含有成分や性状などを調べます。また、異物などが入っていないかも分析します。






kyotango.jpg【メタン発酵槽】

搬入された食品残さは、メタン発酵槽で発酵させ、メタンガスを発生させます。







generatoraktg.jpg【アウトプット1:電気】
メタン発酵槽で生成したメタンガスを燃焼させることで、電気を発生させます。発電した電気は、製造所内で使用する電気として使用し、余剰分を電気会社へ売電しています。




fertilizer.jpg【アウトプット2:肥料】
メタン発酵槽でメタンガスと分離した副産物は、良質な有機質液体肥料(液肥)になります。この液肥を利用して栽培された農産物は「環のちから」というブランド名がつけられて販売されます。


ページの先頭へ戻る


ご相談・ご依頼